「ゲームを作って楽しもう。『スクラッチ』でレッツ!プログラミング!!」

結学舎が力を入れて取り組んでいる「プログラミング」。

 

10月9日からは新たに、小学生を対象に「ゲームを作って楽しもう。『スクラッチ』でレッツ!プログラミング!!」という講座を開講します。

 

今回は、NHKのEテレ「Why!?プログラミング」でも使用されている「スクラッチ」というソフトを使って、

 

『世界でひとつしかないオリジナルのプログラム(ゲーム)』

 

をつくることを目指します。

 

『なぜ、今、プログラミングなの?』

 

今、なぜ、結学舎が「プログラミング」に取り組んでいるか、改めてお伝えしたいと思います。

 

これからの未来、「AI(人工知能)」や「ロボット」などのコンピュータ技術が普及し、私たちの暮らしを一変させていくと考えられています。

 

今まで人間にしかできないと思われてきた仕事(労働)の約半分が、この先20年の間に「ロボット」などの機械に取って替わると、イギリスのオックスフォード大学のマイケル・J・オズボーン准教授は予測しています。

(オズボーン氏の論文「雇用の未来」より)

 

一方で、日本におけるIT(情報技術)分野の人材不足は顕著であり、2015年のIT白書によるとIT人材に悩む企業は80%を超えるそうです。

 

このような背景をもとに、政府は「情報活用能力を備えた創造性豊かな人材育成が急務」として、「2020年から学校現場での『プログラミング』必修化」を打ち出しました。

 

 

 

今の学校(先生)にプログラミング教育ってできるのかなー?

 

プログラミングが必修なのはわかったけど、学校の授業でやるまで待てばいいじゃない・・・と思ったアナタ!

「そのとおりです!」

が!

 

今超多忙な学校の先生方で、プログラミングを理解して、実践できる先生が何人いらっしゃるでしょうか????

 

また、2020年の新学習指導要領では、新たに教科として外国語(英語)が加わるし、道徳も教科として格上げされる・・・中、「プログラミング」に真剣に取り組める余裕のある学校ってあるんでしょうか?

 

(ちなみに、2020年から学校で行うプログラミングは、「教科」ではなくプログラミングというツールを使って、教科科目(国語、算数など)をより工夫して学んで行きましょう!という内容になっています。)

 

 

こういうことを真剣に考えているICT支援員が岩手にいる!

 

2020年ってもうあと2年半後なんですが、教育現場はもちろん、県や市町村の教育委員会もどうやったらいいかわからない状態でいる・・・感じがします。

 

そんな中、学校におけるプログラミングの現状を真剣に考えているICT支援員の方がいらっしゃいます。

 

その方こそ、今回の講座の講師兼アドバイザーにお願いした日脇隆弘さん。

 

日脇さんは、岩手県に2名しかいないICT支援員であるとともに、様々な場所でプログラミングを始めICTに関わるセミナーの講師をされており、またイベントなどの企画・運営など、多方面で活躍されている方です。

(日脇さんには、ドミノいわてとして、「夏のマイ★スタ」でもお世話になりました。)

 

ちなみに、学校現場におけるプログラミングの現状については、日脇さんが代表を務めている「サニークリエイト」のホームページを参考とさせていただきました。

 

 

「プログラミング教育」に関する知識と技能は、民間人としてはおそらく岩手No.1である日脇さんをお迎えしての

 

「ゲームを作って楽しもう。『スクラッチ』でレッツ!プログラミング!!」

 

楽しんで、タメになるのは間違いなしです!!

 

 

でも、IT人材をつくるためにやるのではないよ。

 

誤解の無いようにいっておきますが、決して国の言う「IT人材不足の解消」のために「プログラミング」の講座をやるのではありません。

 

また、プログラミングをしたからといって「すぐに成績がよくなる」とか「テストでいい点数がとれる」というものでもありません。

 

 

じゃあなんで、「プログラミング」をするのか?

 

今は、ゲームなどの与えられた環境、すでに誰かが構築された環境の中では、素晴らしい能力を示す子どもは多い。

また、先生に言われたことやマニュアルに書かれたことを、着実に実践できる子どもは多い。

(これは子どもだけでなく、大人もそうですね)

 

一方、自分で考えること、新しいことを生み出すこと、それを人に伝えることができる子どもは非常に少ない。

 

その解決策として『プログラミング』は非常に有効なツールであることは間違いありません。

 

 

やっと、結論にたどり着きました。

 

 

結学舎では、「プログラミング」を通じて

 

『自分で考える力』(論理的思考力)

 

『新しいことを生み出す力』(創造力)

 

『発表などを通じて人に伝える力』(コミュニケーション力、プレゼン力)

 

を育てます。

 

「ゲームを作って楽しもう。『スクラッチ』でレッツ!プログラミング!!」の内容

 

対象:日程等についてお知らせします。

 

対象:小学生(小学4年生から6年生までの方を対象としますが、実際にスクラッチなどでプログラミングに取り組んだ経験のある小学校低学年の方も参加できます)

 

日程等:以下のとおり

日程 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
10/9(祝・月) 10/25(水) 11/8(水) 11/22(水) 12/6(水) 12/16(土)
時間 10時~12時 17時~19時30分(ただし指導時間は17時15分~18時45分) 10時~12時
場所 花巻市生涯学園都市会館(まなび学園)パソコンルーム
内容 導入  基礎  基礎  応用  応用  応用・発表 
参加 必須  欠席可(ただし、基礎、応用とも1日は必ず出席のこと) 必須
会員料金 1ヶ月5,000円(ただし1回しか参加できない場合3,000円) 1ヶ月5,000円(ただし1回しか参加できない場合3,000円) 1ヶ月5,000円(ただし1回しか参加できない場合3,000円)
一般料金 1ヶ月6,000円(ただし1回しか参加できない場合4,000円) 1ヶ月6,000円(ただし1回しか参加できない場合4,000円) 1ヶ月6,000円(ただし1回しか参加できない場合4,000円)

 

10月9日(月・祝)は、よりプログラミングの世界をご理解いただくために、可能な限り保護者の方も一緒にご参加ください!

 

 

お申し込み希望の方は、下の申込みフォームでお申し込みください。

[formzu form_id=”S18399647″ tagname=”iframe”]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください