「小4の壁」を乗り越える一つの実験・・・『放課後マイ★スタ!!』その①

「小4の壁」って何?

子どもたちがせっかく放課後、ヒマしてる、ダラダラ過ごしているのはもったいない!

実は、何年も前からそういう思いがありました。

共働きのご家族も多く、そうすると学区内の学童クラブにお願いして・・・ってことになるんですが、低学年限定の学童クラブもあったり、高学年になると学童クラブの「保育」が物足りなかったりすることもあって、だいたい4年生になると学童クラブを卒業して、放課後自宅で過ごす子が多いようです。

実は首都圏や大都市では結構この問題が重要らしく、「小4の壁」と言われているらしいです。

小4の壁とは・・・

自治体が運営する学童施設の多くが、小学4年生をお預かりしないため、
4年生になったとたんに、子どもたちの放課後の居場所や預け先がなくなってしまうため、
仕事と子育ての両立を断念することを一般的にはよんでいます。

引用:「学童ナビ」(http://www.gakudonavi.com/)子育ての経験者としてのアドバイス ~これから先に起こること~

ここらへんの地域(花巻)では、小学校4年生で仕事と子育ての両立を断念するという事例はあまり聞きません。

おそらく、首都圏や大都市に比べて、いろいろな選択肢があるからなのでしょう。

 

選択肢は「塾」or「習い事」or「スポ少」or「友達と遊ぶ」?

もちろん、おじいちゃんやおばあちゃんと同居しているご家庭もあると思いますが、小学校4年生ともなると、パワーも有り余ってくる時期。

おじいちゃん、おばあちゃんも大変です。

そこで、子どもたちを放課後どうするか?という問題に対し、ここらへんの地域(花巻)ではいくつかの選択肢が用意されています。

 

(1)子どもを「塾」に通わせる。

子どもを塾に通わせるという選択肢の中では、例えば勉強中心に学力向上を図る「○進」さん、とか、総合的に子もの考える力を伸ばす「kU○0N」さん、反復練習により暗算などの能力を高める「○分ソロバン」さんなどがありますね。

どれも、真剣にやれば、子どもの能力もグーンとUPすると思います。ちょっとだけ値段が高いので、毎日とはいかない家庭が多いですよね。

 

(2)子どもを「習い事」に通わせる。

ここ(花巻)では、「ピアノ」や「スイミング」がメジャーですね。「ピアノ」で子どもの音感を養ったり、「スイミング」で子どもの心肺能力や総合的な運動能力を鍛えることも大切なことですよね。でも、これもちょっと値段がするので、その道を本格的に目指す人を除けば、週1回とか週2回とかが多いと思います。

 

(3)子どもを「スポ少」に通わせる。

子どもをスポーツ少年団に通わせるという手もありますね。

「野球」、「サッカー」、「バスケットボール」、「バレーボール」、「剣道」、「卓球」などがメジャーでしょうか。

でも、自分のやりたいスポーツの少年団が自分の学校区にあるとは限りませんよね。

運動不足解消のため、仕方なく・・・というご家庭もあると聞きます。

また、スポ少でそのスポーツやったとしても、今度中学校の部活になるとそのスポーツがない・・・という問題もでてきます。

 

【閑話休題】

実は「スポーツ少年団」という組織、全国的に多くの人が加入していると思ってませんか?

実は岩手県の登録者数、東京都より少ないんですよ。

岩手県登録者数 23,545人

東京都登録者数   9,320人

(出典:日本体育協会スポーツ少年団関連資料より)

ちなみに岩手県のスポーツ少年団加入者は全国第7位。いかに「部活王国」「スポ少王国」かがわかります。

この問題は後でまた詳しくお話ししたいと思います。

 

ということで、脱線してしまいましたが、スポ少も週1回~週3回あるので、そちらに通われているお子さんも多いようです。

 

(4)友達と遊ぶ

せっかくの放課後なので、子どもたちで楽しく遊ぶ。これはとってもいいことだと思います。

ただ、せっかくの遊びが「カード」や「ゲーム」に集中していることはどうなのかなぁと思いますが・・・

 

多くのご家庭では、(1)から(4)をうまく組み合わせて、お子さんの放課後のスケジュールを決められているのではないでしょうか。

もちろん、ご家族と一緒に過ごすのもとても重要なことだと思います。

 

「遊び」、「学び」、「体験」を提供する「放課後マイ★スタ!!」

実は、小4の壁問題は、もう一つあります。

小学校4年生からは、授業のレベルが上がり、勉強のできる子、できない子の差がでてくるそうです。

小学校4年生になると、勉強の難易度が飛躍的に高くなります。
具体的な学習の事例をあげると、
例えば、算数の応用問題や、
国語の論理的思考力(いくつもの事実をまとる力、上下の概念を認識する力等)を問う問題が4年生からは出題されます。
そこで、小学校4年生になると、学校では勉強が苦手な人、得意な人が、かなり差が出てきます。

引用:前掲と同じ

つまり、放課後をめぐる現状の中で、小学校4年生というのは、誰かに見守られる「保育」から自主的に勉強する「教育」へのターニングポイントなのかもしれません。

このターニングポイントの子どもたちに、どうすればいいのか?日々ご家庭で頭を悩ませている保護者の方も多いと思います。

 

私たち結学舎は、この問題を解決するひとつの方法として、「放課後マイ★スタ!!」というプログラムを提案します。

「放課後マイ★スタ!!」は、「遊び」と「学び」、「体験」を中心とした総合プログラムです。

 スポ少のような競技性は少ないですが、子どもがバランスよく成長するための基礎体力の向上を目指した「遊び」を提供します。

学習塾のような専門的な勉強や暗算のような反復練習は行いませんが、論理的な思考力、考える力を伸ばす「学び」を提供します。

子どもたちがゲームで「疑似体験」するのではなく、自分の五感をつかった「体験」をしてみます。

もちろん、小学校4年生のみならず、できれば、中学校へ向かう準備段階としてぜひ、小学校の5、6年生のみなさんにも参加してほしいと思います。

また、小学校3年生以下のお子さんも、もちろん参加できます。その際は、学年にあったプログラムを準備して、「遊んで」「学んで」「体験して」いただきます。

 

「放課後マイ★スタ!!」の開催場所など

実は、昨年も、同じような形で子どもたちにいろいろな「遊び」「学び」「体験」を行うプログラムをやってみたのですが、やはり学校の近くで開催してほしいという声も聞かれました。

そこで、当面、週1回、花南地区、宮野目地区、花北地区、花巻中央地区の4ヵ所で社会実験として開催してみます。

本格的には5月から開催するとして、4月は無料体験会を開催します。

どなたでも参加OKです。ぜひ、体験してみてください!

4月の無料体験会の様子を見ながら、5月のプログラムや開催内容を決めていきたいと思っています。

 

また、『自分の地域で、開催してほしい!』というご希望がありましたら、ぜひご連絡ください。

ある程度、まとまった人数が集まるようであれば、ぜひ、学校の近くの振興センターなどをお借りして開催したいと思います。

 

次回は、「放課後マイ★スタ!!」ではこんなことやってみる!ことをお知らせしたいと思います。

 

******************************************

「放課後マイ★スタ!!」無料体験会

花南振興センター  4月17日(月)          午後4時ころ~午後6時ころまで

宮野目振興センター 4月18日(火) 4月25日(火) 午後4時ころ~午後6時ころまで

花北振興センター  4月20日(木) 4月27日(木) 午後3時ころ~午後6時ころまで

まなび学園     4月21日(金) 4月28日(金) 午後4時ころ~午後6時ころまで

実際に、開講するのは、5月8日(月)からとなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください