子どもたちの夢の実現に向けて、今、動き始めます! 

結学舎では、「花巻市のスポーツを考えるワークショップ」を開催し、スポーツが抱えるさまざまな課題について、関係者、市民の方と検討してきました。

そこで、課題となった一つが、「中学生の部活」をめぐる問題。

「やりたくてもやりたい部活がない」「小学生までやってたスポーツが部活にないので諦めなきゃいけない」「指導者がいない」・・・。

未来の夢に向けてがんばっている子どもたちの道が、12歳で途切れてしまう・・・。

そんな状況を打破するため、今、私たちは、動き始めます。

 

総合型スポーツクラブを設立します!

 

これまで、結学舎では、「スポスキッズ」や「マイ★スタ」等で、様々な運動機会を提供し、子どもの運動能力を伸ばす取り組みを行ってきました。

一方、女子サッカー&フットサルスキルアップ練習会を行い、競技スポーツの向上を図ってきました。

先にあげた課題の解決も含めて、子どもたちをはじめとする多くの方が、「いつでも」「どこでも」「誰とでも」スポーツが楽しみ、途切れることのない「スポーツキャリア」の育成とそして豊かな「スポーツライフ」の実現を目指して、この春、「総合型スポーツクラブ」を設立します!

総合型スポーツクラブって何?

 

これまでの日本のスポーツは、地域や学校、企業など、所属する組織、団体で組織されるスポーツが主となっていました。

このことは、日本の競技スポーツの発展に大きく寄与してきましたが、少子高齢化やスポーツの多様化といった流れの中で、新たなスポーツのニーズにこたえられない、スポーツをする年齢に偏りがある、など様々な弊害が生じてきています。

ヨーロッパの国の中には、スポーツは「生涯にわたって楽しむもの」という文化が定着しているところもあります。

ただ「勝ち負け」を競うのではなく、多くの方が、日常の中で体を動かし、スポーツを楽しむこと・・・そういう社会をつくっていくことが求められています。

「ワークライフバランス」や「これまでの働き方の見直し」「余暇を楽しむ生活」など、これまでの私たちの暮らし方を変えていくそういう意味からも「総合型スポーツクラブ」は大きな役割が求められています。

「総合型スポーツクラブ」とは、これまでの「企業」「学校」「組織」にとらわれない、広く誰もが、いつでも、どこでも楽しめるスポーツクラブといえます。

スポーツキャリアを途切れさせないために・・・

 

子どもたちのスポーツをめぐる環境は、少子化の中でこれからますます厳しいものとなって行くと予想されます。

中学校部活の合同チームはもとより、数年後は存続できない部活もでてくるでしょう。

また、冬季オリンピックを見てもわかるとおり、新たなスポーツが次々と出てくるといったスポーツの多様性に現在の中学校部活は、全くと言っていいほど対応できていません。

地元にやりたいスポーツ、やってきたスポーツをする場がなく、でも、そのスポーツを続けたいと思う子の中には、地元を離れスポーツを継続する子も実際います。

しかしながら、そのような状況に置かれた子の多くは、自分のやりたいスポーツを断念してしまう・・・。

このスポーツキャリアが途切れてしまうという「中1の壁」を改善するために、始めに「女子サッカーのスポーツクラブ化」に取り組みます。

 

女子サッカー(フットサル)チーム発足

 

「総合型スポーツクラブ」のスタートとして、女子サッカー(フットサル)チームを始動し、4月から活動を本格化させます。

女子サッカーをきっかけに、中学校にサッカー部のない男子やスポーツ少年団のない地区の子、サッカーのスキルアップなども行っていきたいと考えています。

また、これまで行ってきた「様々なスポーツを体験することによりスポーツの楽しさを知る」といった活動も行っていきます。

そして、高齢者や働いている方、障がいをもっている方など様々な方が気軽にスポーツができる環境づくりを行っていきたいと考えています。

総合型スポーツクラブの情報は随時更新

 

詳細な情報は、今後随時更新していくこととします。

 

ぜひ多くの方に、総合型スポーツクラブを知っていただき、参加していただき、そして支えていただければと思っています。

よろしくお願いいたします!

 

結学舎 代表理事 似内一弘 2018.3.13

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください